憲法9条いかし、戦争のない平和な世界を。あなたが大切にされる政治に

あなたが大切にされる政治に

日本共産党 兵庫県国政委員長

こむら小村じゅん

  • Facebook
  • Twitter
  • LINELINE
  • YouTube
こむら潤

Profile

1975年生まれ。尼崎市在住。
県立明石高校、京都市立芸術大学美術学部卒業。
県立星陵高校、明石高校美術非常勤講師、滋賀リビングカルチャーバリ舞踊講師、尼崎市立大島小学校PTA会長、同大庄北中学校育友会会長を歴任。
2021年衆院選、兵庫8区・比例重複立候補。尼崎市議1期。

現在、党兵庫県国政委員長、党県ジェンダー平等委員会責任者、3児の母。

もっとみる

最新スケジュール

  • 現在、スケジュールがありません。
スケジュール一覧を見る

お知らせ

  • ご支援、ありがとうございました!

    今朝(7/11)、兵庫選挙区候補・こむら潤、比例候補・赤田かつのりそろって元町駅に立ち、選挙結果のご報告をいたしました。兵庫では逆転勝利めざして追い上げましたが議席に届かず、また、比例では大門みきし候補が議席に届かず大変悔しい結果となりました。

    「なんでも自己責任」で格差を広げ、社会的に弱い立場にある人に痛みを押し付ける自公政治は絶対に間違っています。

    掲げた公約の実現、こむら潤さんが掲げた「あなたが大切にされる政治」実現のためにがんばります。

    仲間に加わっていただけたらなお嬉しいです。

    「仲間」というのは、党員だけではありません。後援会員、JCPサポーター、しんぶん赤旗日刊紙・日曜版の読者のみなさん、街頭で「支持してるよ」とお声がけくださるみなさん、全員です。

    みんなでこの選挙をたたかいぬいたと思っています。

    日本共産党は不屈です。どうか、捲土重来へお力をお貸しください。

    ::::::::::::::::

    参議院選挙の結果を受けて、松田隆彦 日本共産党兵庫県委員長による談話を発表しました。今後、各自治体での得票数などをもとに分析を行います。

    ご支援いただいた皆様に、あらためて感謝申し上げます。公約実現に向けて、引き続き奮闘します。

    選挙に取り組まれたみなさん、さまざまなご意見をもたれたことと思います。今後に生かしたいと思いますので、ご意見をぜひお寄せください▶︎https://jcp-hyogo.org/contact

    Posted : 2022.07.11

  • 参議院兵庫選挙区候補 こむら潤 最後のメッセージ

    みなさん、こんばんは。
    日本共産党 参議院兵庫選挙区候補のこむら潤です。
    参議院選挙、最後の最後まで訴えぬきました。

    最後はさんきたアモーレ広場。
    若い人たちがたくさん集うところで最後の訴えをさせていただいたんですけれども。

    本当にこの兵庫選挙区は13人の候補者がせめぎ合う大激戦区で、最後は三宮の街も本当ににぎやかな状態になっていました。

    やっぱり若い人たちに、ジェンダー平等社会の実現。
    そして「あなたが大切にされる政治に」
    すごくみなさんに響いた選挙だったなと思います。

    若い人たちがツイッターで見てたくさん応援に駆けつけてくださったり、足を止めて話を聞いてくれて、ビラも受け取ってくれました。

    ジェンダー平等社会。
    そして、1人1人が大事にされる社会。

    これを実現していく希望を、共産党に寄せていただきたいなと思います。

    そして今回、戦争か平和かということが問われる選挙だということが、人々に受け止められたと思っています。

    今回の(兵庫選挙区)13人の候補者の中で
    唯一、私、こむら潤が、今、岸田政権が進めようとしている憲法9条の改悪や、大軍拡に真っ向から待ったをかける唯一の候補者だということを訴えぬかせていただきました。

    最後まで「戦争やめよ」、そして「平和を」「憲法9条守れ」という声を私、こむら潤からもみなさんに広げていきたいと思います。

    どうかみなさん、あともう少しお広げください。
    よろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。
    がんばります。

    ◎こむら潤 最後の訴えライブ配信@7/9さんきたアモーレ広場

    https://twitcasting.tv/junkomu56/movie/737936693

    Posted : 2022.07.09

  • 兵庫選挙区(定数3) こむら潤 逆転勝利を

    憲法を守り、生かす。平和も暮らしもこわす軍事費増額に明確に反対しているのは、日本共産党のこむら潤だけです。

    改憲勢力である自民・公明・維新の3現職は、NHK候補者アンケートにおいて、敵基地攻撃能力(政府は「反撃能力」と言い換え)の保有にも「どちらかといえば賛成」と回答。

    自民党安全保障調査会は「反撃能力の対象範囲は、相手国のミサイル基地に限定されるものではなく、相手国の指揮統制機能等も含む」と提言しています。相手国を丸ごと攻撃対象にするものであり、国際法上、許容される武力行使(相手の武力行使に対して均衡ある反撃)の範囲を逸脱した全面戦争につながりかねない危険なものです。

    同アンケートの中で、自民党の現職は、選択的夫婦別姓や同性婚にも反対と回答。そして3現職とも、クオータ制にうしろ向きです。

    ジェンダー平等社会の実現へ、日本が特に遅れているのは政治分野です。参議院議員に占める女性の割合は、約20%。10%を切っている衆議院議員と比べると倍とは言え、女性の議員は、全国会議員の半分どころか3割にも満たないのが現状です。

    2018年には政党に候補者が男女均等になるよう、政党に努力義務を課す「政治分野における男女共同参画推進法」が施行されました。各党とも賛成して成立したはずですが、今回の参院選にあたり、自民・公明・維新の候補者のうち女性が占める割合は、30%以下。

    口先だけの男女共同参画・多様性の尊重ではなく、本気の取り組みが必要です。

    改憲勢力の自民・公明・維新による3議席独占阻止へ、「比例は日本共産党」と大きく広げ、兵庫選挙区でこむら潤を押し上げてください。どうかまわりの方へお声がけいただいて、3票・5票・10票とお広げください。

    みなさんのお力が必要です。どうかよろしくお願いいたします!

    Posted : 2022.07.06

お知らせ一覧を見る

こむら潤のSNS